【SPY×FAMILY】最強のスパイ「ロイド・フォージャー」の魅力に迫る!

「SPY×FAMILY」は、2022年4月よりアニメ放送が開始され、多くの人から愛されるアニメです。遠藤達哉先生による「少年ジャンプ+」にて連載中の漫画が原作となっており、累計販売部数が3100万部を突破するほどの人気を誇っています。

今回は、そんなアニメの主人公「ロイド・フォージャー」について、深掘りしてご紹介します。「ロイドが好き!」という方は、どうぞ最後までご覧ください。

また「まだ見たことがないけど、気になっている」という方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

そもそも「SPY×FAMILY」ってどんなお話?


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

西国・ウェスタリスでスパイをしている「黄昏」は、世界の平和を維持するために、東国・オスタニアに潜入していました。
そんなある日、黄昏は新しい任務を受けます。
それは「家族を作り、東国の政治家、デズモンドとの接触を図れ」という任務。

黄昏はその任務を受け「ロイド・フォージャー」という偽名をつかって、かりそめの家族を作ります。しかし、その家族となった2人もまた、ある秘密を抱えているのです。

「SPY×FAMILY」は全くの赤の他人だった、スパイと暗殺者と超能力者が家族となり、お互いが正体を隠したまま、偽りのハプニング満載な日常生活を送るストーリーです。

TVアニメ「SPY×FAMILY」Season 2 本予告PV

ロイド・フォージャーはどんな人物?

出典元:https://spy-family.net/tvseries/

「ロイド・フォージャー」のプロフィール

コードネーム 黄昏(たそがれ)
本名 不明
年齢 20代後半
身長 187cm
体重 70~90㎏
職業 【本業】西国情報局所属の諜報員(エージェント)
【仮】バーリント総合病院の精神科医
家族構成 妻:ヨル・フォージャー 子:アーニャ・フォージャー
声優 江口拓也

ロイドは、西国・ウェスタリスで「WISE(ワイズ)」という諜報機関に所属している凄腕のスパイです。
「黄昏」というコードネームで活躍をしていますが、本名はアニメや原作のほうでも明かされていません。

作中では「オペレーション<梟>(ストリクス)」という任務を受けて、ロイド・フォージャーという偽名をつかい、精神科医になりすましながら生活をしています。

ロイド・フォージャーのかっこいい魅力に迫る

ロイドはこの作品において欠かせない、魅力あふれるキャラクターです。
では、そんな彼には、どのような魅力が備わっているのでしょうか?
ロイドのかっこいい魅力について深掘りして、ご紹介します。

女性を虜にするビジュアル


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

ロイドは抜群のビジュアルの持ち主です。
すらっとした高身長に引き締まった体、金髪で青い瞳の端正な顔立ち。
そんな惚れ惚れするようなビジュアルに、思わずときめいてしまった女性視聴者も多いのではないでしょうか?

加えて、外出時と家にいるときのギャップも素敵です。
外出時は髪を上げて、ピシッとスーツを着こなす英国紳士的な姿なのに、家では髪を下ろし、カジュアルなシャツやシンプルなTシャツを着こなしています。
カッチリとしたかっこいい姿と、少し気の抜けた普段着の可愛い姿とのギャップに胸キュン必至です。

高い身体能力

ロイドは運動神経も抜群です。
任務をこなす姿からも、運動神経が良さそうと察しがつきますが、彼の身体能力の高さがどれだけ高いのか明らかとなるシーンがあります。

それは、第22話のフィオナとの任務で、地下テニス大会・キャンベルドン会において証明されました。
この大会は少し特殊で、プロの選手を相手にするだけでなく、筋肉増強剤ドーピングを施した選手が出場したり、あらゆる妨害をしてきたりします。

しかし、ロイドはそんな相手にも、余裕で勝ってしまいます。
このときのロイドはテニスをかじった程度で、ヨルやアーニャと軽く練習をした程度だったようですが、圧倒的な実力の差を見せつけてしまうのです。

少しかじっていて軽く練習した程度で、あの実力を発揮できるのであれば、どんなスポーツでもプロ並みにこなせてしまうほど身体能力が高いのでしょう。

スパイとしての多才な能力


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

ロイドは料理や裁縫が得意で運動神経も良く、非の打ち所がないような男性ですが、スパイとしての能力値も非常に高いです。

特に、変装や演技が大の得意です。
相手や状況に応じて全くの別人になりきり、百の顔を使い分け、相手の懐に入り込んで利用したり、情報を引き出したりします。

また、ロイドは読唇術にも長けていて、発音や口の形を変えることで、普通の会話と読唇術による会話を並行して処理することもできます。

他にも、人並み外れた記憶力や観察眼など、多才な能力の数々をロイドは作中で発揮しており、同僚からも一目置かれるくらい優秀なスパイです。

どんなことに対しても真面目

ロイドは任務遂行のためとはいえ、どんなことに対しても真面目です。
たとえば、第31話の豪華客船でお土産屋に立ち寄ったシーンでは、アーニャのある要望に対してロイドは全力で要望に答えようとします。

そのアーニャの要望は「もっと全身でわくわくを表現してほしい」とのことでした。
しかし、ロイドは「全身でわくわくを表現」の最適解が分からず、悪戦苦闘。
それでも楽しく愉快な父親になろうとして、ヘンテコなイカ模様の服を必死に着こなそうと試行錯誤します。

どんなにくだらないことだとしても、真面目に取り組み、アーニャと真摯に向き合おうとする姿は本当の父親のように思えて、微笑ましくなった視聴者も多いのではないでしょうか。

本当は心根が優しい


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

基本的にロイドは、任務を忠実に遂行するために計算ずくした行動を取るドライな性格です。
しかし、本当は心根が非常に優しい人物でもあります。

特に子供であるアーニャに対して、その優しさが垣間見えるシーンが多いです。
たとえば、エドガー一味を倒した後の場面で、任務に支障が出ると判断したロイドは、アーニャとの親子関係を解消しようとします。
しかし「ちちとおうちに帰りたい」と泣くアーニャの姿に、ロイドは思いとどまりました。
アーニャは4回も里親に出されては、再び戻されていることを知っていたこともあり、ロイドはどうしても見捨てることができなかったのでしょう。

本来、ロイドが持ち合わせている優しい一面が、作中では他にも多く描かれているので、気になる方は一度ご視聴してみてくださいね。

少し怖いくらい高い戦闘能力


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

高い戦闘能力もロイドの魅力の一つです。
スパイなので、なるべく周りの人にバレないように行動しますが、いざという時は一瞬で相手をネジ伏せることができるくらい強いです。

そんな戦闘シーンで時折見せる、殺気立った雰囲気のロイドも、どこか危うく魅力的です。
いつも割と、周りのキャラクター達に振る舞わされ気味なロイドの姿が多いので、たまに見せる怖くて危険な一面がさらに彼の魅力を引き立たせています。

ロイド・フォージャーがスパイになった理由とは?

ロイドはなぜ、スパイになったのでしょうか?

それは「子どもが泣かない世界をつくりたい」「平和な世界をつくりたい」という想いから、スパイになるという決意を固めたようです。
そのロイドの想いは、第1話で語られています。

ロイドは任務遂行のために、アーニャ達と家族の関係を築いていますが、この関係も任務が終わってしまえば、終了だと割り切ろうとしています。
しかしロイドは時折、任務よりもアーニャ達のことを優先して行動してしまうことがあります。
そんな行動の裏には、子どもや家族を守りたい、大事にしたいという想いが隠されているのかもしれません。

さらに、スパイとなった理由には、ロイドの少年時代の戦争体験が深く関係しています。
ロイドの過去を知ったとき、なぜ「子どもが泣かない世界をつくりたい」と思ったのか?
その理由と、その言葉の重みを知ることができるでしょう。

ロイド・フォージャーと関わりのある人物と関係性

かっこいい魅力がたくさん詰まっている、ロイド・フォージャー。今回はそんなロイドと関わりのあるキャラクターと、ロイドとの関係性について紹介します。

アーニャ・フォージャー


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

ロイドは任務遂行のために、アーニャと良好な親子関係を築こうとしていました。
しかし、自由気ままな行動や突発的な行動をするアーニャは、ロイドにとって未知の存在過ぎて、どう接すればいいのか戸惑い、よく頭を抱えては悪戦苦闘を繰り返しています。

アーニャはロイドにとって、あくまでも任務遂行のために必要なコマのような存在。
そのため、そこまで悩む必要もないように思えますが、一緒に過ごしていく内に、ロイドのアーニャに対する感情が少しずつ変化していくのです。

イーデン校の面接シーンで、面接官が意地悪な発言をしたことでアーニャが涙を見せたときには、任務遂行のために怒りを堪えようとしますが、結局堪えきれずに怒りを爆発させてしまいました。

ロイドはどんなときでも冷静沈着で、取り乱した表情や行動は滅多に取りません。
しかし、この場面では、アーニャのために感情的な行動を取ってしまったのです。
ロイドにとってアーニャの存在は、任務に必要なかりそめの家族とはいえ、実の娘と同じくらい大事な存在となっていっているのかもしれません。

ヨル・フォージャー


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

ロイドとヨルは、お互いの正体を隠し合っているかりそめの夫婦です。
そのため、ロイドは任務遂行のために、良き夫を演じようとヨルに接していましたが、一緒に過ごすにつれ、ヨル自身を信頼するようになっていきます。

その信頼はたとえば、第10話でクラス対抗のドッジボールでMVPを獲得するために、アーニャがヨルと色々な特訓をするシーンから読み取れます。

ドッジボールの特訓なのに、なぜか腹筋をしているシーンでは、ロイドは何も口を挟まずに2人の様子を伺っていました。
座禅を組んで瞑想しているイメージトレーニングのシーンでは、「これが特訓?」と疑問を抱きますが、「よく分からんが、ヨルさんに任せたことだし」といって、その場から離れていきます。

これらの行動からロイドはヨルに対して家族としての信頼を、少しずつ寄せつつあることが分かるでしょう。

また、これまで数々の女性を落としてきた恋愛テクニックをもつロイドですが、天然なヨルには、そのテクニックがまるで通用しません。
むしろ、ヨルに振り回されることもしばしば。しかし、そんなヨルを本気で嫌がらないロイドの姿を見ていると、ロイド自身、自覚がないだけで、心の奥底でヨルに対する想いが少しずつ芽生えつつあるのかもしれません。

フランキー・フランクリン


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

フランキーは煙草屋を経営しながら、裏で情報屋稼業をしており、よくロイドの任務のサポートをしています。
アーニャの素性調査や妻探しに協力するだけでなく、ボンドの散歩やアーニャの子守りまで任されたりと、ある意味、便利屋みたいな扱いを受けている節もあります。

しかし、ロイドが信頼のおける友人の1人でもあるため、ロイドにとっては相棒のような存在でもあるでしょう。

フィオナ・フロスト


出典元:https://spy-family.net/tvseries/

フィオナはコードネーム「夜帷(とばり)」として活躍しており、西国情報局に所属する諜報員です。
ロイドとは先輩・後輩の関係ですが、ロイドに対して密かに恋愛感情を抱いており「妻の座」も狙っています。

心のなかではよく「先輩!好きー!」と叫んでいますが、感情を一切表に出さないため、ロイドはその想いに気付いていません。
むしろ「なんか怒ってる?」と勘違いするときもあります。
しかし、自分の後輩として大事に思っているシーンも描かれており、諜報員としての信頼度も高いようです。

2023.12.22(金)に公開の『劇場版SPY×FAMILY CODE:White』を見逃すな!

完全新作ストーリーの『劇場版SPY×FAMILY CODE:White』が、2023年12月22日(金)に公開されます。
また、劇場版の公開に合わせて、サンシャインシティにて公開記念イベントも開催されます。

サンシャイン展望台ではクイズラリーを楽しめるカフェが登場!
劇中で登場するメニューをイメージしたオリジナルメニューも堪能できるでしょう。
さらに水族館では、オリジナルフォトスポットやイベント限定オリジナルグッズの販売も予定しています。

2023年の冬は、映画とコラボイベントの両方をぜひお楽しみください!

劇場版の公式サイト https://spyf-sunshinecity.com/

『劇場版 SPY×FAMILY CODE: White』 予告PV

SPY×FAMILYの基本情報

作品名 SPY×FAMILY
ジャンル ホームコメディ、アクション
放送形態 TVアニメ
放映時期 1season
第1クール:2022年4月~ 6月
第2クール:2022年10月~12月
2season
2023年10月~
アニメーション制作会社 WIT STUDIO×CloverWorks
キャスト
  • ロイド・フォージャー:江口拓也
  • アーニャ・フォージャー:種﨑敦美
  • ヨル・フォージャー:早見沙織
  • ボンド・フォージャー:松田健一郎
  • フランキー・フランクリン:吉野裕行
  • シルヴィア・シャーウッド:甲斐田裕子
  • ヘンリー・ヘンダーソン:山路和弘
  • ユーリ・ブライア:小野賢章
  • ダミアン・デズモンド:藤原夏海
  • ベッキー・ブラックベル:加藤英美里
  • フィオナ・フロスト:佐倉綾音
主なスタッフ
  • 監督:古橋一浩・原田孝宏
  • シリーズ構成:大河内一楼
  • 副シリーズ構成:谷村大四郎・久尾 歩
  • キャラクターデザイン・総作画監督:嶋田和晃
  • 色彩設計:原 恭子
  • 美術設定:塩澤良憲・スタジオイースター
  • 美術監督:臼井みなみ
  • 3DCG監督:宮地克明
  • 撮影監督:佐久間悠也
  • 編集:齋藤朱里(三嶋編集室)
  • 音楽プロデュース:(K)NoW_NAME
  • 音響監督:はたしょう二
  • 音響効果:出雲範子
原作 コミック/堀越耕平(集英社「ジャンプコミックス+」)

©遠藤達哉/集英社・SPY×FAMILY製作委員会

まとめ

今回は「SPY×FAMILY」の主人公でもある、ロイド・フォージャーのかっこいい魅力について、深掘りしてご紹介しました。

ロイドは見た目がかっこいいだけでなく、その見た目以上に中身もかっこいいキャラクターのため、多くの視聴者から人気を集めています。
ロイドの活躍を改めて振り返り、また新たな魅力を見つけてみてもいいかもしれません。

「SPY×FAMILY」のアニメや原作、劇場版でロイドの新たな活躍を楽しんでくださいね。

  • 見たいアニメがアニクラで作れる!

    『アニクラ』はアニメ専門のクラウドファンディングサイト。「あのマンガのアニメが見たい…」「あのアニメの2期が見たい…」という夢を、クラウドファンディングで叶えてみませんか?

    アニクラは、愛する作品を多くの人に届けるお手伝いをします。
    アニクラについて詳しく知る


この記事を書いた人
an_tel

Webライターとして活動中。 少女、女性漫画・アニメは勿論、幅広い範囲のアニメと漫画を楽しんでいます。最近では原作の小説を読んだり、趣味で小説を書いたりして楽しんでいます。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。