【球技系】熱い想いと青春の香りを感じる!おすすめのメジャースポーツアニメ10選

血の滲むような努力や、心が動くような名言、仲間との絆、挫折などを描いた「スポーツアニメ」。

大人が観れば、あの頃の青春時代を思い出しては懐かしく思えたり、青春を謳歌している学生が観れば、つい自分と重ね合わせては、胸が熱くなってしまうなんてことが多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな胸が熱くなる「スポーツアニメ」を10選、ご紹介します。今回は球技系のメジャースポーツにスポットライトを当ててご紹介していきます。

自分のモチベーションを上げたい方や、心が揺さぶられるような熱いアニメが観たい!という方は、参考にしてみてくださいね。

目次

一球入魂!一球ごとの駆け引きと選手たちの熱い絆を描いた野球アニメ

高校生たちの誰よりも努力する泥臭い姿に胸が熱くなる『ダイヤのA』

主人公の不屈の精神と泥臭く努力する姿に胸が熱くなる

『ダイヤのA』という作品のタイトルには「ダイヤの原石がエースになる」という意味が込められています。そのタイトルの意味通り、主人公である「沢村 栄純」の始まりはエースとは程遠い、むしろ少し落ちこぼれくらいの存在からスタートします。

スポーツアニメといえば、天才的な才能を持つ主人公がエースとして活躍したり、弱小チームが強豪校のチームに次々と勝ち進んでいくなどの展開が王道の展開ですが、この作品は主人公が強豪校の中で、もがきながらもエースを目指していく作品です。
一年生にも関わらず即刻強豪校の一軍入りを果たした「降谷 暁」や、強豪校の先輩たちとの猛烈なエース争いが面白くて画面から目が離せなくなってしまいます。

主人公の沢村が持ち前の負けん気の強さと、逆境にも屈しない不屈の精神で、泥臭く努力し続け、何度も挑戦を繰り返す姿に観ていて思わず胸が熱くなる視聴者も多いでしょう。

それぞれのキャラクターに憧れを抱いたり、感情移入がしやすい

この作品では青道高校の100人近くいるチームメイトや、監督、ライバル校の人たちなど多くのキャラクターたちが登場します。
そんな多くのキャラクターの中でも筆者個人的に一際、惹かれたのは沢村が1年生のときのキャプテンで不動の4番バッターを務めていた「結城 哲也」という人物です。
「天才・化物・別格」と称賛され、プロからも注目されるほどの実力の持ち主でしたが、彼には人一倍努力を惜しまずに練習し続ける背景が描かれており、まさに「努力の天才」でした。誰よりも地道に努力を積み重ねる背中と、自分のプレーでチームを引っ張っていくキャプテンの姿は、本当にかっこよくて思わず憧れてしまう視聴者も多いのではないでしょうか。

この作品では結城の他にも、多くのキャラクターの野球に対するそれぞれの想いや、選手たちの成長・苦悩などが、とてもリアルで丁寧に描かれています。そんな風にキャラクター一人一人の描写を丁寧に描くことで、観ている視聴者が共感しやすく、胸が熱くなるような濃密なストーリー性になっているのかもしれません。
胸が熱くなるアニメが観たい方は、是非一度、ご視聴してみてくださいね。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP① Tom-H@ck feat 大石昌良『Go EXCEED!! 』

1期OP③  GLAY『 疾走れ!ミライ 』

2期OP①  GLAY『 HEROES 』

2期OP② GLAY 『 空が青空であるために 』

 
3期OP① GLAY 『 はじまりのうた 』

3期OP② GLAY 『 流星のHowl 』

1期ED② 三森すずこ 『 グローリー!』

1期ED③ D応P 『 未来へつなげ 』

1期ED⑤ 青道高校野球部『 PROMISED FIELD 』

1期ED⑥ 青道高校野球部『 FINAL VICTORY 』

2期ED① OxT『KIMERO!! 』

2期ED③ OxT 『 BLOOM OF YOUTH 』

2期ED④ 沢村栄純(CV:逢坂良太)/オーイシマサヨシ 『 BRAND NEW BLUE 』

3期ED① OxT『ゴールデンアフタースクール』

3期ED② 内田真礼『鼓動エスカレーション』

3期ED③ 三森すずこ『チャンス!』

3期ED④ OxT 『 Everlasting Dream 』

『ダイヤのA actⅡ』PV

ダイヤのAの基本情報

作品名 ダイヤのA
ジャンル 野球漫画・少年漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 第1期:2013年10月~2015年3月
第2期:2015年4月~2016年3月
第3期:2019年4月~2020年3月
アニメーション制作会社 MADHOUSE
キャスト
  • 沢村 栄純:逢坂 良太
  • 降谷 暁:島﨑 信長
  • 御幸 一也:櫻井 孝宏
  • 奥村 光舟:内田 雄馬
  • 倉持 洋一:浅沼 晋太郎
  • 小湊 春市:花江 夏樹
  • 結城 将司:武内 駿輔
  • 瀬戸 拓馬:山下 大輝
  • 由井 薫:村瀬 歩
  • 浅田 浩文:畠中 祐
主なスタッフ
  • 監督:増原光幸
  • シリーズ構成:古怒田健志
  • キャラクターデザイン:田﨑 聡、植田 実
  • 総作画監督:小林 亮、吉川真一
  • アクション作画監督:佐藤雄三、千光士海登、戸倉紀元
  • 副監督:いわたかずや
  • 美術監督:高木佐和子
  • 色彩設計:今野成美
  • 撮影監督:井上洋志
  • 編集:塚常真理子
  • 音響監督:髙桑一
  • 音楽:百石元
原作 寺嶋裕二(「週刊少年マガジン」/ 講談社)

©寺嶋裕二・講談社/「ダイヤのA actⅡ」製作委員会・テレビ東京

プロ野球選手を目指す人なら夢中になること間違いなし『MAJOR』

逆境に立ち向かう勇気がほしい人に観てほしい

『MAJOR』は、主人公が数々の逆境を乗り越え、メジャーリーグの選手を目指していくストーリーです。この作品は、その主人公である「茂野 吾郎」に、だんだんと魅了されてしまう視聴者が多いでしょう。

吾郎は、どこまでも野球一筋でとても真っ直ぐな性格をしています。そんな吾郎の野球に対する情熱や、真っ直ぐな性格に周囲も心動かされ、周りのキャラクターを巻き込みながら野球に打ち込んでいく展開に、思わず心が熱くなり、次第に目が離せなくなります。

試合のピンチでは最後まで諦めない心の強さや、次々と見舞われる体の故障を抱えながらも、全力で野球に打ち込み乗り越えていく吾郎の姿には、どんな逆境にも負けずに立ち向かう勇気を観ている視聴者に与えてくれるでしょう。

『MAJOR』では、吾郎の幼少期時代から、リトルリーグ編、中学軟式編、海堂高校編、聖秀高校編、マイナーリーグ編、ワールドカップ編、メジャーリーグ編と話が進み、とても見ごたえのある超大作となっているので、実はまだ観たことないという方は是非一度、ご視聴してみてくださいね。

親と子供一緒に楽しむことができる

『MAJOR』という作品では、吾郎がプロ野球選手で自身の父親でもある「本田 茂治」に憧れ、父親を亡くした後も茂治の背中を追い続けて、父親と同じプロ野球選手の道を目指していました。

その続編となる『MAJOR 2nd』では、吾郎の息子「茂野 大吾」に主人公が受け継がれます。
小学4年生までは父親である吾郎に憧れて、プロ野球選手を目指しますが、大きいチームへ入団すると周囲の期待とは裏腹に自分は至って平凡な選手なのだと思い知らされ、劣等感に苛まれ「二世」というレッテルに苦しめらていきます。そんなプレッシャーから一旦、野球から離れることになりますが、あることがきっかけで再び野球に打ち込んでいくのです。
悩みながらも自分で考え工夫することで、懸命に前へと進んでいく姿は共感できる部分もあり、思わず応援したくなってしまうでしょう。

この作品では二世代、三世代に渡って、受け継がれていく親子の絆も楽しむことができるので、視聴者も親子で楽しめる作品となっています。

作品の主題歌・PV紹介

《MAJOR》
1期OP ロードオブメジャー『心絵』

4期OP 大友康平『RISE』

5期OP スチャダラパー/木村カエラ『Hey! Hey! Alright』

6期OP TRIPLANE『心絵』

2期ED②  ザ・ルーズドッグス『しょぼい顔すんなよベイベー』

3期ED②  ザ・ルーズドッグス『夜になれば』

4期ED①  ザ・ルーズドッグス『ONE DAY』

4期ED② 茂野吾郎/ザ・ルーズドッグス feat.大黒摩季『雨のち虹色』

5期ED② 中村優『ジブンカラー』

6期ED① メガマソ『トワイライトスター』

6期ED② フレンチ・キス『ずっと前から』

《MAJOR 2nd》
1期OP① キュウソネコカミ『越えていけ』

1期OP② ベリーグッドマン『ドリームキャッチャー』

2期OP①  家入レオ『 Answer 』

2期OP② 上白石萌音『 白い泥 』

1期ED① 高橋優『プライド 』

1期ED② Reol『SAIREN(サイレン) 』

2期ED① SHE’S『One 』

2期ED② IDENTITY『 雨のパレード 』

『MAJOR』第6シリーズPV

 
『MAJOR 2nd』第2シリーズ PV第2弾

MAJORの基本情報

作品名 MAJOR
ジャンル 野球、学園、少年漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 1期:2004年11月~2005年5月
2期:2005年12月~2006年6月
3期:2007年1月~6月
4期:2008年1月~6月
5期:2009年1月~6月
6期:2010年4月~9月

2nd
第1シリーズ:2018年4月~9月
第2シリーズ:2020年4月~11月

アニメーション制作会社 オー・エル・エム
キャスト
  • 茂野大吾:藤原夏海
  • 佐倉睦子:花澤香菜
  • 仁科明:山下大輝
  • 相楽太鳳:佐倉綾音
  • 沢弥生:河瀬茉希
  • 椛島アニータ:村川梨衣
  • 藤井千里:上坂すみれ
  • 藤井千代:渡部紗弓
  • 関鳥星蘭:高垣彩陽
  • 丹波広夢:杉田智和
  • 茂野吾郎:森久保祥太郎
  • 佐藤寿也:森田成一
  • 茂野薫:笹本優子
  • 茂野いずみ:高森奈津美
  • 清水大河:朴璐美
  • 藤井:草尾毅
  • 藤井美保:植田佳奈
  • 卜部隼人:市川太一
  • 鈴木アンディ:大畑伸太郎
  • 眉村道塁:堀江由衣
  • 坂口光:西山宏太朗
主なスタッフ
  • 監督:渡辺歩
  • シリーズ構成:土屋理敬
  • 脚本:古怒田健志、末永光代、山下憲一、井上亜樹子
  • キャラクターデザイン:松元美季
  • 音響監督:亀山俊樹
  • 音楽:中川幸太郎
原作 満田拓也(「週刊少年サンデー」/小学館)

©満田拓也・小学館/NHK・NEP・ShoPro

従来の野球アニメとは異なる魅力が新鮮な『おおきく振りかぶって』

気弱な投手と強気な捕手のバッテリーに心が動かされる

この作品は従来の「野球アニメ」とは、明らかに異なる魅力があります。

この作品の「投手」である主人公と、「捕手」である相棒のキャラクターに注目してみてください。
野球アニメの投手といえば野球の花形ポジションで、熱血かつポジティブで打たれ強いキャラクターのイメージが強いです。しかし、この作品の主人公である「三橋 廉」は気弱でビビりの人見知りな投手という、従来の野球アニメとは違った魅力があります。
そして、そんな三橋を支えることとなる捕手の「阿部 隆也」は、冷静に試合の状況を把握することができる落ち着いた一面もありますが、割と短気な上に負けん気の強い捕手です。

一見すると正反対な性格の二人のように思えますが、実はそれぞれお互いに野球に打ち込む過程でトラウマを抱えていて、それでも大好きな野球だけは絶対に辞めない芯の強さがあります。そして、試合や練習を重ねていくごとに、少しずつ距離を縮めては絆を深めていく様子がとても魅力的な作品です。

懸命な高校球児たちの姿をみて応援したくなる

従来の「野球アニメ」とは、明らかに異なる魅力として、もう一つ注目すべきポイントは女性の作者によって描かれた漫画が原作となっている点です。この作品は、ゾクゾクするような選手の覚醒シーンや、仲間やライバルとの激しいぶつかり合いなど「スポーツアニメ」の定番となる描写が「全くもってない」とは言いがたいですが、従来に比べて少ないように思えます。

この作品でメインとなる「西浦高校」のチームメイトは、気弱でビビりな三橋に対してなるべく優しく声を掛けたり、励ましたりすることが多く、とても優しい子たちが多いチームです。少しずつ積極的になっていく三橋を見ては嬉しくなったりする描写なんかもありますね。そんな彼らの姿は、なんだかとても微笑ましいです。
また、「西浦高校」の高校球児たちは全員一年生のため、まだあどけなさが残っており、懸命に努力を積み重ねる姿が筆者個人的にはどこか可愛らしく、次第に彼らを応援したい気持ちが強まっていきました。

さらに選手の保護者たちが試合を観に来たりなど、保護者側の描写も多く描かれているので、その点も選手たちを見守りたくなる要因となっているのではないでしょうか。

女性の作者ならではの感性があるからこそ描くことができる描写の数々が、従来の「野球アニメ」とは異なっており、この作品ならではの魅力の一つとなっています。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP Base Ball Bear『ドラマチック』

2期OP いきものがかり『夏空グラフィティ/青春ライン』

2期ED SunSetSwish(SME Records)『ありがとう』

夏の大会編OP Galileo Galilei『夏空』

『おおきく振りかぶって~夏の大会編~』PV

おおきく振りかぶっての基本情報

作品名 おおきく振りかぶって
ジャンル 野球漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 第1期:2007年4月~9月
第2期:2010年4月~6月
アニメーション制作会社 A-1 Pictures
キャスト
  • 三橋 廉:代永 翼
  • 阿部隆也:中村悠一
  • 花井 梓:谷山紀章
  • 田島悠一郎:下野 紘
  • 沖 一利:佐藤雄大
  • 栄口勇人:鈴木千尋
  • 巣山尚治:保村 真
  • 水谷文貴:角 研一郎
  • 泉 孝介:福山 潤
  • 西広辰太郎:木村良平
  • 百枝まりあ:早水リサ
  • 志賀剛司:室園丈裕
  • 篠岡千代:福圓美里
  • 浜田良郎:私市 淳
主なスタッフ
  • 監督:水島努
  • シリーズ構成:黒田洋介
  • キャラクターデザイン:吉田隆彦
  • 総作画監督:髙田晃
  • 谷口淳一郎:吉田隆彦
  • アクション・作画監督:谷口淳一郎・満仲勧
  • 音楽:浜口史郎
  • 音響監督:菊田浩巳
原作 ひぐちアサ(「月刊アフタヌーン」/講談社)

© ひぐちアサ・講談社/おお振り製作委員会

試合終了の合図まで諦めるな!手に汗握る青春を描いたバスケットボールアニメ

心に突き刺さるような数多くの名言を残した『スラムダンク』

バスケの知識がなくても主人公と一緒に学べる

『スラムダンク』といえば「諦めたら、そこで試合終了だよ」など、誰もが一度は耳にしたことがあるような、心に突き刺さる名言を数多く残す作品です。原作の連載終了から25年の月日が経った、2022年12月3日には劇場版『THE FIRST SLAM DUNK』が放映され、再び世間を熱狂の渦に巻き込みました。

この作品の主人公である「桜木 花道」は、もともと全くバスケのルールを理解していないド素人でした。

花道という人物は中学時代に名の通った不良でしたが、高校へと入学すると、ある女子生徒に一目惚れをしてしまい、その女子生徒に誘われるままバスケを始めることになるのです。
そのため、バスケのルールや専門用語が出てくる度に、この作品ではしっかり解説をしてくれます。バスケについて、ド素人の花道と一緒に学んでいけるよう、分かりやすく解説してくれるので、バスケのルールをよく知らない人でも楽しめる作品です。

まだ映画しか観たことがない、そもそもバスケに興味ないし観たことがないという方は、是非一度ご視聴してみてくださいね。

主人公のガッツの強さに胸が熱くなる

主人公である花道は素行も悪い不良で、バスケもド素人だし、バスケを始めたのも不純な動機だったため、とてもじゃないけど真面目に努力して部活に取り組むような選手には見え難い主人公でした。

しかし、ここぞという場面では、実はとても頼りになる存在なのです。花道にとって初めての試合である対陵南戦では、「フンフンディフェンス」で敵チームを翻弄したりシュートをカットしたり。その後の試合でも恵まれた体格と人並外れた抜群の運動神経でジャンプ力とパワーを活かし、リバウンドやダンクをかましたりなどの活躍をみせてくれます。

そして、ライバル視していた「流川 楓」の存在や、周囲の人たちと胸が熱くなるような試合をしていく度に刺激を受け「もっとバスケが上手くなりたい」と思うようになるのです。
チームで自分一人が劣っている中、どうすればいいのか、もっと上手くなるにはどうしたらいいのか考え、そこからがむしゃらに努力することができる花道の「ガッツの強さ」に、胸が熱くなる視聴者も多いのではないでしょうか。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP② ZYYG『ぜったいに 誰も』

 
1期ED① 大黒摩季『あなただけ見つめてる』

1期ED② WANDS『世界が終わるまでは・・・』

1期ED④  ZARD『マイフレンド』

劇場版『THE FIRST SLAM DUNK』
OP The Birthday「LOVE ROCKETS」

ED 10‐FEET『第ゼロ感』

劇場版『THE FIRST SLAM DUNK』

スラムダンクの基本情報

作品名 スラムダンク
ジャンル 少年漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 1993年10月~1996年3月
アニメーション制作会社 東映アニメーション
キャスト
  • 桜木花道:草尾 毅
  • 赤木晴子:平松晶子
  • 赤木剛憲:梁田清之
  • 流川楓:緑川 光
  • 三井寿:置鮎龍太郎
  • 宮城リョータ:塩屋 翼
  • 彩子:原えり子
  • 安西監督:西村知道
  • 水戸洋平:森川智之
  • 野間忠一郎:幹本雄之
  • 高宮望:塩屋浩三
  • 大楠雄二:林 延年
  • ナレーション:田中秀幸
主なスタッフ
  • 企画:岩本太郎、中村重喜、籏野義文、佐藤公宣、西沢信孝
  • 製作担当:松下健吉
  • 脚本:菅 良幸、岸間信明
  • シリーズディレクター:西沢信孝
  • 演出:志水淳児、角銅博之、明比正行、他
  • キャラクターデザイン:佐藤正樹
  • 美術:坂本信人
  • 音楽:増田隆宣
原作 井上雄彦(「週刊少年ジャンプ」/集英社)

© TOEI ANIMATION Co., Ltd. All Rights Reserved.

二人の天才が繰り広げる熱戦に目が離せない『黒子のバスケ』

光と影のコンビネーションに魅了される

全中3連覇を誇る歴史を持つ、帝光中学校バスケ部。
そんな帝光には「キセキの世代」と呼ばれる天才バスケットボール選手が5人在籍していました。そして、そんな「キセキの世代」である5人が一目置いていた人物がもう一人「幻の6人目」と呼ばれる存在がいました。

そして時は流れ、創設2年目ながら全国制覇を目標にする誠凛高校に、アメリカ帰りの超大型新人「火神 大我」と、帝光の「幻の6人目」であった主人公の「黒子 テツヤ」が入部します。この作品は、誠凛高校バスケ部に期待の新人が入部したことで、本格的に全国制覇を目指していくお話です。

「光」の役割を担う火神と「影」の役割を担う黒子。
火神のアメリカで培ったバスケの技術や体格を活かした勢いのあるプレーと、黒子の他のメンバーが見失うほど、薄い存在感を活かした的確で素早いパス回し。
そんな二人のコンビネーションに、毎回ドキドキして胸が熱くなる作品となっています。

手に汗握るほど臨場感溢れる熱戦に胸がドキドキする

この作品はメインの二人を取り巻く個性的なキャラクターと、そんなキャラクターたちが繰り広げる臨場感溢れるバスケの試合が、とても魅力的な作品です。
黒子や火神にも負けず劣らず、少しファンタジックで超人的な能力とテクニックを持つ帝光の「キセキの世代」や、誠凛のチームメイトたちにもそれぞれの想いや苦悩があり、その濃密なストーリーによって観ている視聴者がとても感情移入しやすくなっています。

また、そんなキャラクターたちが繰り広げる試合では、観ていて手に汗握るほどの臨場感が溢れています。飛び散る選手たちの汗や息遣い、滑らかなボールのパスワーク、選手たちの攻防戦などの描写・演出がとてもリアルでかっこよく、思わず画面に引き込まれてしまうでしょう。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP① GRANRODEO 『 Can Do 』

1期OP② GRANRODEO『RIM FIRE 』

2期OP① GRANRODEO『The Other self』

2期OP② GRANRODEO『 変幻自在のマジカルスター 』

3期OP① GRANRODEO『Punky Funky LOVE 』

3期OP② 小野賢章『ZERO』

3期OP③ GRANRODEO『 メモリーズ 』

1期ED① ヒャダイン『 Start it raght away 』

1期ED② OLDCODEX『 カタルリズム 』

2期ED① OLDCODEX『 WALK 』

 
2期ED② 小野賢章『 FANTASTIC TUNE 』

3期ED① Fo’xTails『 GLITTER DAYS 』

3期ED② SCREEN mode『 アンビバレンス 』

3期ED③ OLDCODEX『 Lantana 』

アニメ10周年記念アニバーサリーソング GRANRODEO feat. 小野賢章『ゼロステップ』

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』ロングPV

黒子のバスケの基本情報

作品名 黒子のバスケ
ジャンル 少年漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 第1期:2012年4月~9月
第2期:2013年10月~2014年3月
第3期:2015年1月~6月
アニメーション制作会社 プロダクションI.G
キャスト
  • 黒子テツヤ:小野賢章
  • 火神大我:小野友樹
  • 相田リコ:斎藤千和
  • 日向順平:細谷佳正
  • 伊月 俊:野島裕史
  • 木吉鉄平:浜田賢二
  • 小金井慎二:江口拓也
  • 土田聡史:井上 剛
  • 相田景虎:三木眞一郎
  • 黄瀬涼太:木村良平
  • 笠松幸男:保志総一朗
  • 緑間真太郎:小野大輔
  • 高尾和成:鈴木達央
  • 青峰大輝:諏訪部順一
  • 今吉翔一:中井和哉
  • 桃井さつき:折笠富美子
  • 紫原 敦:鈴村健一
  • 氷室辰也:谷山紀章
  • 赤司征十郎:神谷浩史
主なスタッフ
  • 監督:多田俊介
  • シリーズ構成:高木 登
  • キャラクターデザイン:菊地洋子
  • 音楽:中西亮輔、R・O・N
  • 音響監督:三間雅文
  • 美術監督:三田慎也
  • 色彩設計:佐藤真由美
  • 撮影監督:荒井栄児
  • 3DCG監督:磯部兼士
  • 編集:植松淳一
原作 藤巻忠俊(「週刊少年ジャンプ」/集英社)

© 藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会© 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会©「黒子のバスケ」アニメ10周年プロジェクト

ゴールまでボールを繋げろ!最後まで仲間と青春を駆け抜けるサッカーアニメ

国内外ともに愛されている元祖サッカーアニメ『キャプテン翼』

臨場感溢れる試合と派手な必殺技に憧れを抱く

『キャプテン翼』といえば、この作品をきっかけにサッカーを始め、世界へと羽ばたくサッカー選手に成長を遂げたりなど、一世を風靡した「元祖サッカーアニメ」の作品として非常に有名な作品です。

実際に主人公である「大空 翼」や、選手たちが繰り広げる派手な必殺技・最強シュートの数々に憧れて、サッカーを始めたという少年たちも多いようです。作中の試合は、スリリングで臨場感のある、テンポの早い展開も多いので、観ている視聴者はどんどん作品に引き込まれていきます。そんな試合を観て翼たちに憧れるあまり、真似をして怪我をしてしまったことがあるなんて思い出がある方もいるのではないでしょうか。

また、翼をはじめ選手たちの成長や、サッカーに対する情熱的な想い、チームメイトやライバルたちとの「男の友情」が観ている視聴者たちの共感や感動を生みます。これらの要素も、この作品が多くの人に愛される理由となっているのではないでしょうか。

新たな舞台へと羽ばたく彼らから目が離せない

チームがどん底のピンチの状態にあるとき、そんな状態をひっくり返し、どんな強い相手であっても勝利へと導いてくれる主人公の翼の存在は、世界中の子供たちが憧れを抱いてしまう存在だったのではないでしょうか。

実際にこの作品は海外での人気も非常に高く、多くの海外視聴者の注目を集めています。
そんな国内外ともに高い人気を誇る作品の新シリーズが発表されました。2023年10月1日に「キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編」のTVアニメ放送がスタートします。舞台は世界へと移り変わり、翼が仲間たちとともに「世界」に挑みます。気になる方は是非、下記に記載されている、公式サイトや公式Twitterをチェックしてみてくださいね!

作品の主題歌・PV紹介

2期ED① 山崎亜弥子 『 男だろっ! 』

3期OP① DA PUMP『Dragon Screamer 』

3期ED① MAX『Feel so right』

3期ED④ DASEIN『BREAK OFF!! 』

4期ED① 大空翼『燃えてヒーロー』

 
『キャプテン翼シーズン2 ジュニアユース編』本PV

キャプテン翼の基本情報

作品名 キャプテン翼
ジャンル 少年漫画、スポーツ漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 1期:1983年10月~1986年3月
2期:1994年10月~1995年12月
3期:2001年10月~ 2002年10月
4期
シーズン1:2018年4月~ 2019年4月
シーズン2:2023年10月~

アニメーション制作会社 david production
キャスト
  • 大空翼:三瓶由布子
  • 日向小次郎:佐藤拓也
  • 石崎了:田村睦心
  • 新田瞬:上村祐翔
  • 早田誠:小林裕介
  • 次藤洋:平川大輔
  • 佐野満:吉野裕行
  • 三杉淳:斉藤壮馬
  • 立花政夫:竹内絢子
  • 立花和夫:渡辺優里奈
  • 松山光:羽多野渉
  • 若島津健:梅原裕一郎
  • 沢田タケシ:潘めぐみ
  • 片桐宗正:浪川大輔
  • 北詰誠:井上和彦
主なスタッフ
  • 監督:加藤敏幸
  • シリーズディレクター:小倉宏文
  • シリーズ構成: 冨岡淳広
  • キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺はじめ
  • 音楽:松尾早人
  • 音響監督:岩浪美和
原作 高橋陽一(「週刊少年ジャンプ」/集英社)

©高橋陽一/集英社 ©高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

最もイカれたデスゲームサッカーが始動する『ブルーロック』

斬新な設定と予測不可能な展開に胸が踊る

この作品は数多くある「サッカーアニメ」の作品の中で、最も熱くイカれたサッカーアニメです。
日本をW杯優勝へと導く「世界一のエゴイストであり世界一のストライカー」を育てるため、日本フットボール連合はある計画を立ち上げます。
その名も、「ブルーロック(青い監獄)プロジェクト」。全員FWである300人もの高校生たちが集められ、日本代表入りを懸けて競い合い、脱落したものは日本代表に入るチャンスを永遠に失うという「デスゲーム」のような計画です。

「世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない」

そう告げられ、主人公である「潔 世一」を始めとする全国から集められた選手たちが、自身のサッカー生命を懸けて「ブルーロック(青い監獄)プロジェクト」へ挑んでいきます。

「ボールは友達!」「チーム一人一人の力を合わせて勝とう!」みたいな、「サッカーーアニメ」では定番の感動的な友情や絆などはこれっぽっちもありません。FWの育成こそが正義であり、選手の武器・個性を強調し、エゴとエゴのぶつかり合いがとても激しい作品となっています。サッカーにデスゲーム風のバトルロワイアル的な要素を加えた予想ができない展開が面白く、手に汗握る視聴者も多いのではないでしょうか。
今までにない斬新な設定なので、ありきたりなスポーツアニメに飽きてしまった方にはとてもオススメの作品です。

イカれたエゴイストたちから目が離せない

「ブルーロック(青い監獄)」は上記でご紹介した通り、イカれたエゴを持ったストライカーの選手ばかりを集めた施設になります。そのためこの作品では、個性が豊かで癖が強すぎるイカれたエゴイストの選手ばかりが活躍しているのも、この作品ならではの魅力です。

また「ブルーロック(青い監獄)」に集められた選手は、全員ストライカーですが、それぞれの突出した個性を持っています。
主人公である「潔 世一」は空間認識能力が、他の選手よりズバ抜けています。またテクニカルで超人的なパスやドリブルを武器にする人がいたり、遠距離シューターだったり、俊足のスピードを武器とする人などそれぞれに全く違う個性を持ち合わせています。
そんな全く違う個性とイカれたエゴを持ち合わせた「混ぜるな、危険!」同士の選手がぶつかり合い、混ざり合ってどのような「化学変化」を試合で巻き起こすのか、誰も予測ができず画面から目が離せなくなるでしょう。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP①  UNISON SQUARE GARDEN『カオスが極まる』

1期OP② ASH DA HERO『Judgement』

 
1期ED① 仲村宗悟『WINNER』

2期ED UNISON SQUARE GARDEN『Numbness like a ginger』

『ブルーロック』第2弾PV

『劇場版ブルーロック ーEPIOSODE 凪ー』PV

ブルーロックの基本情報

作品名 ブルーロック
ジャンル サッカー漫画、デスゲーム
放送形態 TVアニメ
放映時期 第1期:2022年10月~2023年3月
アニメーション制作会社 エイトビット
キャスト
  • 潔 世一:浦 和希
  • 蜂楽 廻:海渡 翼
  • 國神錬介:小野友樹
  • 千切豹馬:斉藤壮馬
  • 久遠 渉:中澤まさとも
  • 雷市陣吾:松岡禎丞
  • 今村遊大:千葉翔也
  • 我牙丸 吟:仲村宗悟
  • 成早朝日:梶田大嗣
  • 伊右衛門送人:綿貫竜之介
  • 五十嵐栗夢:市川 蒼
  • 吉良涼介:鈴村健一
  • 絵心甚八:神谷浩史
  • 帝襟アンリ:幸村恵理
  • 馬狼照英:諏訪部順一
  • 二子一揮:花江夏樹
  • 鰐間淳壱・鰐間計助:鈴木崚汰
  • 凪 誠士郎:島﨑信長
  • 御影玲王:内田雄馬
  • 剣城斬鉄:興津和幸
  • 糸師 凛:内山昂輝
  • 蟻生十兵衛:小西克幸
  • 時光青志:立花慎之介
  • 糸師 冴:櫻井孝宏
主なスタッフ
  • 監督:渡邉徹明
  • 副監督:石川俊介
  • シリーズ構成・脚本:岸本 卓
  • ストーリー監修:金城宗幸
  • コンセプトアドバイザー:上村 泰
  • メインキャラクターデザイン:進藤 優
  • キャラクターデザイン・総作画監督:田辺謙司 戸谷賢都
  • チーフアクションディレクター:東島久志
  • アクションディレクター:坂本ひろみ・松本剛彦
  • プロップデザイン:興津香織・東島久志
  • 衣装デザイン:中島裕里
  • 作画特殊効果:あかね
  • 色彩設計:小松さくら
  • 特殊効果:山田可奈子
  • 美術設定:杉山晋史
  • 美術監督:高木佐和子・小島 俊彦
  • 背景:スタジオワイエス・プランタゴゲームス・GKセールス
  • 撮影監督:浅黄康裕
  • 撮影:チップチューン
  • 3DCG ディレクター:広沢範光
  • 3DCG:オーラスタジオ
  • ビジュアルコンセプト:山下敏幸(ハイパーボール)
  • 特殊効果処理:山下敏幸・三皷梨菜
  • 2DCGモニターグラフィック:浅野恵一(emitai)
  • 編集:長谷川 舞(エディッツ)
  • 音響監督:郷 文裕貴
  • 音響制作:ビットグルーヴプロモーション
  • 音楽:村山☆潤
  • アニメーションプロデューサー:平野 強
原作 金城宗幸・ノ村優介(「週刊少年マガジン」/講談社)

©金城宗幸・ノ村優介・講談社/「ブルーロック」製作委員会

ユース世代ならではの魅力が詰まっている『アオアシ』

主人公の様々な想いと覚悟に心が揺さぶられる

主人公である「青井 葦人」が「東京シティ・エスペリオンユース」のチームメイトたちとの挫折を味わい、ともに成長し合いながら、プロサッカー選手を目指していくお話です。これまでのサッカーアニメの作品では、あまり味わうことがない、ユース世代の成長過程や、プロを目指している子供たちだからこその苦悩や葛藤がとてもリアルに描かれています。

筆者個人には特に、葦人の細かい心理描写や成長に胸が熱くなりました。葦人はプロのサッカー選手になるために、一人地元の故郷を離れ「東京シティ・エスペリオンユース」のチームに入ります。
「今まで女手一つで育ててくれた母親のためにプロになる」、「地元でずっと支えてきてくれた仲間が応援してくれている」そんな大切な人たちの想いを胸に、故郷を離れた選手たちが現実にも存在するんだろうなと思うと、胸にグッとくるものがあります。
今、実際に故郷を離れ、夢を追いかけている方は是非、一度ご視聴してみてくださいね。

現実的な技術や戦術がリアリティを生み出していて面白い

主人公である葦人のある特別な能力を磨いて、少しずつ成長していく様子がみられるのも、この作品ならではの魅力です。

葦人は、ピッチ全体を俯瞰することができる能力を秘めています。フィールド上の選手の位置を全て把握することができるのです。
俯瞰する能力は、スポーツアニメにありがちな超人的でファンタジックな能力とは違い、バルセロナの「イニエスタ」や「シャビ」といった実在している選手たちにもあるといわれているので、作品のリアリティが増し、より楽しむことができます。また能力をどんどん磨き上げ葦人が成長していくことで、チームメイトを動かしつつ、アシストしたりゴールを決めたりするシーンは爽快感を味わえます。

さらに、スポーツアニメにありがちな必殺シュートや派手な技が、この作品にはない代わりに、ユース世代のチーム戦術がとても本格的で面白い作品です。というのも、この作品の原作者である「小林 有吾」先生は自ら積極的に選手に対してアポイントを取って取材を行っているそうで、それがこの作品の戦術や描写に説得力を持たせて、より面白くさせているのではないでしょうか。

現実的な技術と戦術をしっかり描くことでリアリティが増し、特にサッカーをする人にとって勉強になる作品と言えるでしょう。また、専門的な用語や戦術について、詳しく説明がされる描写もあるので、サッカーをしたことがない人でも楽しむことができます。

作品の主題歌・PV紹介

1期OP①  Alexandros『無心拍数 』

1期OP② Superfly『Presence』

 
1期ED① Rin音『Blue Diary』

2期ED 神はサイコロを振らない『カラー・リリィの恋文』

『アオアシ』第2クールPV

アオアシの基本情報

作品名 アオアシ
ジャンル 青年漫画、サッカー、青春
放送形態 TVアニメ
放映時期 2022年4月~9月
アニメーション制作会社 Production I.G
キャスト
  • 青井葦人:大鈴功起
  • 大友栄作:橘 龍丸
  • 橘総一朗:山下誠一郎
  • 冨樫慶司:八代 拓
  • 黒田勘平:堀江 瞬
  • 朝利マーチス淳:加藤 渉
  • 本木遊馬:榎木淳弥
  • 竹島龍一:熊谷健太郎
  • 阿久津 渚:武内駿輔
  • 栗林晴久:梅原裕一郎
  • 中村 平:小野賢章
  • 桐木曜一:内山昂輝
  • 高杉榮太:古川 慎
  • 義経健太:興津和幸
  • 一条 花:河瀬茉希
  • 海堂杏里:上田麗奈
  • 金子 葵:小松未可子
  • 福田達也:小林親弘
  • 伊達 望:安元洋貴
  • 金田晃教:江口拓也
  • 中野淳之介:西山宏太朗
  • 武藤千秋:小野友樹
  • 佐竹晃司:前野智昭
  • 橘 都:真堂圭
  • 青井紀子:園崎未恵
  • 青井 瞬:中島ヨシキ
主なスタッフ
  • 監督:さとう陽
  • シリーズ構成:横谷昌宏
  • 副監督:曽我準
  • サッカー監修:竹下健一、曽我準、飯塚健司
  • 2Dワークス:濱中亜希子
  • キャラクターデザイン:中武学、川村敏江、山口飛鳥、長谷川早紀
  • プリビジュアライゼーション:前島昌格
  • サブキャラクターデザイン:清池奈保、渡部由紀子、大導寺美穂、白井英介、本田真之
  • 3D:森本シグマ
  • 総作画監督:中武学、山口飛鳥
  • アクション作画監督:興村忠美、窪敏
  • 撮影監督:今関舞子
  • プロップデザイン:伊東ありさ、津坂美織
  • 編集:村上義典
  • 色彩設計:上野詠美子
  • 音響監督:はたしょう二
  • 美術監督:垣堺司、竹田悠介
  • 音楽:横山克
  • 美術設定:金平和茂、伊井蔵
原作 小林有吾(「ビッグコミックスピリッツ」/小学館)

©小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

ラケットでボールを打ち出す爽快感と試合での駆け引きが楽しいテニスアニメ

超人的な能力を持ったキャラクターが名台詞を残してきた『テニスの王子様』

個性豊かな魅力たっぷりのキャラクターの中から自分推しの選手が見つかる

この作品は、中学生のテニス部を舞台にして話が進んでいきます。

アメリカ育ちの主人公である「越前 リョーマ」が日本に帰国後、入学したテニスの強豪校「青春学園中学校」で、それぞれの葛藤や、様々な試練を乗り越えながらも全国制覇を目指していくお話です。

この作品に登場する中学生たちは、それぞれに個性が豊かで、とても中学生とは思えないくらい大人びたイケメンたちばかりです。観てる多くの視聴者は、そんな魅力たっぷりのイケメンたちが、汗を光らせながらテニスに全力を注ぐ姿に思わず魅了されてしまうでしょう。
そして、テニスの試合を通して描かれる選手たちの熱い想いや、臨場感ある白熱した選手同士のぶつかり合いにグッとくる視聴者が多いかもしれません。また、イケメンの選手たちの和気あいあいとしている絡みを見て楽しんだり、それぞれのキャラクターが発するお馴染みの名台詞に、心が動かされた視聴者も多いのではないでしょうか。

そんな彼らの姿をみている内に、自分好みのキャラクターに出会える視聴者も多いです。是非、この作品の中で自分好みの推しキャラを見つけてみてくださいね。

常識外れの超人的な必殺技に毎回驚かされる

選手たちが持ち合わせている、常識外れの必殺技が見れるのも、この作品ならではの魅力の一つですね。
相手の五感を剥奪してしまう「五感剥奪」や、動かなくても自分の場所にボールが引き寄せられる「手塚ゾーン」など。「現実ではありえないだろ!」と思わずツッコんでしまうような、超次元的な技の数々が見られるのも、この作品ならではの見どころになります。

そんな名場面が多く存在する『テニスの王子様』は、2001年10月よりテレビ東京系にて放送が開始され、2012年には『新テニスの王子様』がTVアニメとして放送されました。さらに時を経て、関東大会・全国大会・世界大会へと舞台が移り変わり、2022年には主人公であるリョーマがアメリカ代表として「U‐17 WORLD CUP」に参戦することとなった『新テニスの王子様 U‐17 WORLD CUP』が放送され、さらにパワーアップした超次元的な常識外れの必殺技の数々が登場しました。

そして、『新テニスの王子様 U‐17 WORLD CUP』の続編となる『新テニスの王子様 U‐17 WORLD CUP SEMIFINAL』が、2024年に放送されます。どんな熱い戦いが繰り広げられるのか、気になる方は下記の記載されている、公式サイトや公式Twitterをチェックしてくださいね。

作品の主題歌・PV紹介

《新テニスの王子様》
OP 藤澤ノリマサ『 未来の僕らへ 』

《新テニスの王子様 U-17 WORLD CUP》
OP YOSHIKI EZAKI/Bleecker Chrome『I can fly』

《劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦!》
主題歌 AAA『I4U』

《新テニスの王子様 氷帝vs立海 Game of Future》
OP 轟レイ『1/2の未来へ』

『新テニスの王子様  U-17 WORLD CUP SEMIFINAL』PV

テニスの王子様の基本情報

作品名 テニスの王子様
ジャンル テニス・少年漫画
放送形態 TVアニメ
放映時期 1期:2001年10月~2005年3月
2期:2012年1月~3月
3期:2022年7月~ 9月
4期:2024年~
アニメーション制作会社 スタジオKAI M.S.C
キャスト
  • 越前リョーマ:皆川純子
  • 手塚国光:置鮎龍太郎
  • 跡部景吾:諏訪部順一
  • 幸村精市:永井幸子
  • 白石蔵ノ介:細谷佳正
  • 木手永四郎:新垣樽助
  • 平等院鳳凰:安元洋貴
  • 越前リョーガ:宮野真守
  • ユルゲン・バリーサヴィチ・ボルク:利根健太朗
  • ゼウス・イリオポウロス:関 智一
  • J・J・ドルギアス:木村 昴
  • アレキサンダー・アマデウス:興津和幸
  • プランス・ルドヴィック・シャルダール;花江夏樹
主なスタッフ
  • 監督:川口敬一郎
  • キャラクターデザイン・総作画監督:石井明治
  • シリーズ構成:広田光毅
  • 色彩設計:津守裕子
  • 美術監督:伊藤 聖(スタジオ ARA)
  • 背景:スタジオ ARA
  • 美術設定:青木智由紀
  • 撮影監督:中村雄太
  • 編集:平木大輔
  • 音響監督:松岡裕紀
  • 音楽:玉木千尋
  • 音響制作:神南スタジオ
原作 許斐剛(「週刊少年ジャンプ」/集英社)

©許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

ボールが落ちるその時まで諦めるな!ネットの向こう側まで仲間と繋ぐ絆を描いたバレーアニメ

手に汗握る試合の最後まで目が離せない『ハイキュー!!』

自分の弱さがまた自分を強くさせる

この作品は、「烏野高校」バレー部を中心に、バレーに打ち込む男子高校生たちの青春を描いた作品です。

かつて全国大会に出場するほどの強豪校だったものの、戦力が低下していき「落ちた強豪校、飛べないカラス」と揶揄されるようになった「烏野高校」。そんな高校に入学した主人公の「日向 翔陽」を起点にして、這い上がっていく姿が観ていて応援したくなる作品です。
選手たちが一つ一つ自分に課せられた壁を乗り越えていく過程や、バレーとチームメイトに対する想いや葛藤などの心理描写などが丁寧に描かれていて、そんな描写の数々に思わず心が掴まれてしまった視聴者も多いでしょう。

また、試合において「勝敗」はつきものです。そのためチームが次々と勝ち進んでいく姿や、どんどん前向きに挑戦していく、ひたむきな姿にスポットライトを当てた作品が、スポーツアニメでは定番となっているのではしょうか。
そんな中、この作品は一味違います。絶望的な敗北や失敗、無力な自分に対する情けなさと悔しさから「自分にはできない。もう無理だ。才能も素質もない」と目を背け、逃げ出す姿、苦い想いがとてもリアルに描かれており、一人一人のキャラクターに感情移入しやすくなっているのです。そして、そんな状態から再びバレーと向き合い、這い上がっていく様子が観ている視聴者の心を動かしてしまいます。
「勝者と敗者」、「挑戦して前に進んでいく姿と挫折して逃げ出す姿」など様々な角度において、両面にスポットライトを当てた描写は、観ていて胸がとても熱くなってしまいますよ。

ボールが落ちるその瞬間まで目が離せなくなる

この作品は、勝敗が最後までどうなるか分からない試合が多く、画面から目が離せなくなります。その要因として、バレーの試合ではよく耳にする「デュース」が大きく関わってきます。

通常、25点先取でセットを制するバレーの試合ですが、「24対24」になった場合には、先に2点リードしたチームが勝利します。それが「デュース」です。「デュース」になった際は1点ごとの重みが、通常時とは比べものにならないもので観ている視聴者もハラハラドキドキしてしまいます。また、そんな手に汗握る展開の中で、ボールが落ちるその瞬間まで諦めない選手たちの姿をみていると、忘れかけていたあの頃の熱い想いが次第に湧き上がっていきます。

そんな胸が熱くなる作品が2022年8月に、2部作となる劇場版『ハイキュー!! FINAL』の制作が発表されました。2020年に放送された第4期『ハイキュー!! TO THE TOP』の続編となっており、烏野高校VS音駒高校との戦い、通称「ゴミ捨て場の決戦」がついに映画化されるのです。原作の中でも、最も熱く人気の高いエピソードの一つなので、筆者個人的にも公開まで待ち遠しいです。

劇場版の公開日については、2023年9月の時点ではまだ公開されていません。公開日が気になる方は、見逃さないように下記の公式サイト、または公式Twitterをチェックしてくださいね。

「ハイキュー!! FINAL」制作決定解禁映像

作品の主題歌・PV紹介

1期OP① SPYAIR『イマジネーション』

1期OP② スキマスイッチ『Ah Yeah!!』

2期OP① SPYAIR『アイム・ア・ビリーバー』

2期OP② BURNOUT SYNDROMES『FLY HIGH!!』

3期OP① BURNOUT SYNDROMES『ヒカリアレ』

4期OP① BURNOUT SYNDROMES『 PHOENIX 』

4期OP② SUPER BEAVER 『 突破口 』

1期ED① NICO Touches the Walls『天地ガエシ』

1期ED②  tacica『LEO』

2期ED① Galileo Galilei『クライマー』

2期ED②  tacica『発熱』

3期ED①  NICO Touches the Walls『マシ・マシ』

4期ED① CHiCO with HoneyWorks『 決戦スピリット 』

4期ED② SPYAIR『 One Day 』

『ハイキュー‼ TO THE TOP』ダイジェストPV

ハイキュー!!の基本情報

作品名 ハイキュー!!
ジャンル 少年漫画、スポーツ
放送形態 TVアニメ
放映時期 第1期:2014年4月~9月
第2期:2015年10月~ 2016年3月
第3期:2016年10月~12月
第4期第1クール:2020年1月~4月
第4期第2クール:2020年10月~12月
アニメーション制作会社 Production I.G
キャスト
  • 日向 翔陽:村瀬 歩
  • 影山 飛雄:石川 界人
  • 澤村 大地:日野 聡
  • 菅原 孝支:入野 自由
  • 田中 龍之介:林 勇
  • 東峰 旭:細谷 佳正
  • 西谷 夕:岡本 信彦
  • 月島 蛍:内山 昂輝
  • 山口 忠:斉藤 壮馬
  • 縁下 力:増田 俊樹
  • 清水 潔子:名塚 佳織
  • 谷地 仁花:諸星 すみれ
  • 武田 一鉄:神谷 浩史
  • 烏養 繋心:江川 央生
  • 宮 侑:宮野 真守
  • 宮 治:株元 英彰
  • 北 信介:野島 健児
  • 角名 倫太郎:島﨑 信長
  • 尾白 アラン:笠間 淳
  • 赤木 路成:松浦 義之
  • 大耳 練:宮園 拓夢
  • 銀島 結:山本 匠馬
  • 星海 光来:花江 夏樹
  • 佐久早 聖臣:鳥海 浩輔
  • 古森 元也:上村 祐翔
主なスタッフ
  • 監督:佐藤 雅子
  • 副監督:石川 真理子
  • シリーズ構成:岸本 卓
  • キャラクターデザイン:岸田 隆宏
  • プロップデザイン:米川 麻衣
  • 総作画監督:小林 祐
  • アクション作画監督:高橋 英樹、佐藤 由紀
  • 美術監督・設定:立田 一郎[スタジオ風雅]
  • 色彩設計:佐藤 真由美
  • 色彩設計補佐:有澤 法子
  • 撮影監督:中田 祐美子
  • 3D:岩﨑 浩平[V-sign]
  • 2Dワークス:濱中 亜希子
  • 特殊効果:星 美弥子
  • 編集:植松 淳一
  • 音響監督:菊田 浩巳
  • 音楽:林 ゆうき/橘 麻美
原作 古舘春一(「週刊少年ジャンプ」/集英社)

©古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

まとめ

今回は「球技のスポーツ」を題材とした作品をご紹介しました。

胸が熱くなるような作品は見つかったでしょうか。観たことがあるけど、もう一度見直したい作品があった方もいるのかもしれません。

近年では、懐かしいスポーツアニメの大人気作が、続編の制作を発表することも多いです。気になっている作品がある方は、是非、公式サイトまたは公式Twitterをよくチェックしておきましょう。

  • 見たいアニメがアニクラで作れる!

    『アニクラ』はアニメ専門のクラウドファンディングサイト。「あのマンガのアニメが見たい…」「あのアニメの2期が見たい…」という夢を、クラウドファンディングで叶えてみませんか?

    アニクラは、愛する作品を多くの人に届けるお手伝いをします。
    アニクラについて詳しく知る


この記事を書いた人
an_tel

Webライターとして活動中。 少女、女性漫画・アニメは勿論、幅広い範囲のアニメと漫画を楽しんでいます。最近では原作の小説を読んだり、趣味で小説を書いたりして楽しんでいます。

関連記事

コメント

  • コメント ( 1 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. sitemap

    Hi there, I dersire to subscribe for this wedbpage tto otain newesat updates, therefore whefe cann i do it please help.