『薬屋のひとりごと』には漫画が2つある?ストーリーの違いやどっちがおすすめかを徹底解説!

2023年秋アニメは大豊作と言われており、そのなかのひとつに数えられているのが『薬屋のひとりごと』です。

本作は後宮を舞台に毒見役の主人公がさまざまな事件を解決していくミステリー作品ですが、実はスクウェア・エニックス版と小学館版の2つの漫画が存在しています。
なぜ、ひとつの作品に2つの漫画が存在しているのでしょうか?

本記事では、それぞれの漫画の特徴を解説したうえで、どちらの漫画から読み始めるのがおすすめなのか、またなぜ2つの漫画が出版されているのか解説していきます。

『薬屋のひとりごと』(スクウェア・エニックス版)の特徴


出典:[薬屋のひとりごと(1) | スクウェア・エニックス e-STORE]
(https://store.jp.square-enix.com/item/9784757554894.html)

『薬屋のひとりごと』はスクウェア・エニックスが出版しており、現在は月刊ビッグガンガンで連載中です。作画は『曹植系男子』を手がけたねこクラゲ先生が担当し、構成は漫画家の七緒一綺先生が担当しています。

そんな本作の特徴は下記の3つです。

 『薬屋のひとりごと』の特徴
  • イラストがきれい
  • ラブコメ要素が強い
  • キャラの表情が豊か

それぞれの具体的な内容を見ていきましょう。

イラストがきれい

スクウェア・エニックス版は、表紙はもちろんのこと、どのページもイラストがきれいに描かれているため、見ていて飽きません。

例えば、女性キャラクターは梨花妃のような大人っぽいキャラは美しく描かれており、里樹妃のような幼いキャラは可愛らしく描かれていて、キャラクターごとにしっかり描き分けられています。

また、背景に至っては細部まで細かく描かれており、どのページを見ていてもイラストを楽しめるでしょう。

漫画を読む際にイラストまでこだわって見たいという人は、スクウェア・エニックス版のほうがより楽しめるかもしれません。

ラブコメ要素が強い

ミステリー作品の本作ですが、スクウェア・エニックス版ではミステリー要素が控えめになり、ラブコメ要素が強くなっています。

例えば、猫猫が壬氏から依頼を受けてチョコレートを作った話。

原作では壬氏が部屋から出る際に「(猫猫の)髪が掬いあげられ、首に何か冷たいものが当たった」と書かれています。

このシーンは小学館版では壬氏の指が触れていますが、スクウェア・エニックス版では壬氏が首筋にキスをしていました。

このようにひとつのシーンでもそれぞれ解釈が異なり、スクウェア・エニックス版ではラブコメ要素が強くなっています。

ラブコメが好きな人には、スクウェア・エニックス版が向いているかもしれません。

キャラの表情が豊か

先述したとおり、スクウェア・エニックス版はイラストが緻密に描かれているうえ、ラブコメ要素が強くなっています。

そのため、キャラクターの表情が豊かで、読んでいるこちらも登場人物の感情へ移入してしまうでしょう。

例えば、普段の猫猫は無表情とはいわないものの、どちらかといえば冷めた表情をしています。

しかし、薬や毒に関わることに対しては表情が一変し、目を輝かせ、時には小躍りするほど感情が高まることも。

キャラクターの表情が目まぐるしく変わるため、見ているこちらも楽しくなり、読んでいるとドキドキハラハラしてくるでしょう。

『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』 (小学館版)の特徴


出典:[薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 1巻|小学館eコミックストア]
(https://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=13209)

『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』は小学館が出版しており、現在は月刊サンデーGXで連載中です。作画は中国史や中国の風俗に造詣が深い倉田三ノ路先生が担当しています。

そんな本作の特徴は下記の3つです。

猫猫の後宮謎解き手帳の特徴
  • ミステリー要素が強い
  • よりストーリーが分かりやすい
  • ストーリーの進行が早い

それぞれの具体的な内容を見ていきましょう。

ミステリー要素が強い

小学館版は本作の魅力であるミステリー要素が強い作品になっています。

本作は原作がミステリー作品ということもあり、もともとミステリー要素が強い作品です。
しかし、スクウェア・エニックス版では少女漫画のようなタッチで描かれていることで、ミステリー要素よりラブコメ要素が前面に出ています。

その点、小学館版はシンプルな絵柄でストーリーを重視した作風になっているため、原作通りのミステリー要素が強い作風で描かれています。

壬氏と猫猫のラブコメ要素も本作の魅力ではありますが、作品本来のミステリー要素を楽しみたい人には小学館版をおすすめします。

よりストーリーが分かりやすい

小学館版はスクウェア・エニックス版に比べ、よりストーリーが分かりやすくなっています。

例えば、猫猫の力を借りて変装した壬氏が知り合いに会うため市井へ行く話では、スクウェア・エニックス版だと誰に会いに行ったのか明かされていません。

それに対し、小学館版は壬氏が誰に会いに行ったのかちゃんと描かれています。

スクウェア・エニックス版でも十分ストーリーは楽しめますが、端々までストーリーを楽しみたい人は、よりストーリーが分かりやすい小学館版を読むのがいいかもしれません。

ストーリーの進行が早い

小学館版はスクウェア・エニックス版より早くストーリーが進んでいます。

2023年12月時点でスクウェア・エニックス版は「宮廷編2」の中盤ぐらいまで話が進んでいるのに対し、小学館版は「宮廷編2」の終盤ぐらいまで話が進んでいました。

連載自体はスクウェア・エニックス版のほうが3か月ほど早く始まりましたが、絵で魅せることもあり、ストーリーがゆっくり進んでいます。

それに対し小学館版はストーリー重視のため、話がサクサク進んでいくのです。

「先の展開が早く知りたい!」と待ちきれない人は、小学館版でストーリーを楽しむのがいいでしょう。

どちらのほうが人気がある?

特徴が異なる2つの漫画ですが、どちらのほうが人気があるのでしょうか?

売上や受賞歴だけに注目するなら、スクウェア・エニックス版のほうが人気があるかもしれません。

2022年6月時点でスクウェア・エニックス版の売上は約800万部を突破し、対する小学館版の売上は約680万部でした。

また、「次にくるマンガ大賞2019」コミックス部門第1位や「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」5位には、スクウェア・エニックス版の漫画が選ばれています。

しかし、本作は先ほど紹介したとおり、同じ作品でも特徴が異なるため、売上と受賞歴だけではどちらのほうが人気とは言えません。

読者によってどちらの漫画が良いのか、好みが分かれるでしょう。

2種類の漫画のレビューを比較

ここまで2種類の漫画の特徴について解説してきましたが、それぞれの漫画に対しファンはどのような感想を抱いているのでしょうか。

ここではSNSに投稿されている本作の感想を見ながら、2つの漫画を比較していきましょう。まずはスクウェア・エニックス版のレビューから紹介します。

やはりイラストが「可愛い」という声が目立ちますね。続いて小学館版のレビューをご紹介します。

小学館版は「分かりやすい」「原作に忠実」といった声が目立ちます。やはり特徴が違うためかレビューを比較してみても感想が違いますね。

なぜ2種類の漫画が出版されているの?

なぜ2種類の漫画が出版されているのか、気になるところではありますが、公式から正式な理由は発表されていません。

原作の日向夏先生も2種類の漫画が出版されていることに関して、「X(旧Twitter)」で「私にもわからないから困惑していたのです。」と、投稿していました。

ファンの間では、掲載雑誌のターゲット層が異なるため、ファンの新規獲得を目指して2種類の漫画が出版されたのではないかと推測されています。
しかし、真偽のほどは定かではありません。

読み始めるならどちらがおすすめ?

2種類の漫画が出版されている本作はどちらも魅力が異なるため、どちらの漫画も読むことをおすすめします。

しかし、初めて読み始める人はどちらから読んだらいいのか悩んでしまうでしょう。

そこで、ここでは初めて本作を読むならどちらの漫画がおすすめなのか解説します。
初めて本作を読み始める人は参考にしてください。

初めて読み始めるなら小学館版がおすすめ!


出典:[薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 17巻|小学館eコミックストア]
( https://csbs.shogakukan.co.jp/book?comic_id=68859)

初めて本作を読み始めるなら小学館版の『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』をおすすめします。

理由としては、それぞれの特徴で解説したように、小学館版のほうがストーリーが分かりやすくなっているからです。

筆者はたまたまスクウェア・エニックス版から読み始めましたが、後から小学館版を読むと「あれはこういうことだったんだ」と、スクウェア・エニックス版では分からなかったことに気づきました。

もちろん、スクウェア・エニックス版から読み始めてもストーリーが分からなくなることはありませんが、初めは小学館版から読み始めたほうがより本作を楽しめるでしょう。

ラブコメ好きならスクウェア・エニックス版がおすすめ!


出典:[薬屋のひとりごと(12)| スクウェア・エニックス e-STORE]
(https://store.jp.square-enix.com/item/9784757588134.html)

初めて読み始めるなら小学館版の『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』がおすすめと先述しましたが、少女漫画やラブコメ好きならスクウェア・エニックス版の『薬屋のひとりごと』から読んでもいいでしょう。

それぞれの特徴でも解説しましたが、スクウェア・エニックス版は少女漫画のようなタッチで描くことで、ラブコメ要素が前面に出ています。

本作の魅力のひとつである猫猫と壬氏の恋愛模様もしっかり描かれており、読んでいると思わず胸キュンしてしまうことも。

猫猫と壬氏の関係に注目しながら読みたいという人は、スクウェア・エニックス版から読むと2人の関係をより楽しめるかもしれません。

テレビアニメはどちらの漫画をデザイン元にしている?

出典:[TVアニメ『薬屋のひとりごと』プロジェクトPV]

本作は2023年10月よりテレビアニメの放送が始まりましたが、アニメのデザインはどちらの漫画を元にしているのでしょうか。

結論からお伝えすると、アニメのデザインはどちらの漫画も元にしていません。

キャラクターデザインは『Go!プリンセスプリキュア』などのキャラクターデザインを手がけた中谷友紀子氏が務めています。

そのため本作は、原作、スクウェア・エニックス版、小学館版、テレビアニメ版と、それぞれの違ったデザインを楽しんで読んだり観たりできるでしょう。

『薬屋のひとりごと』の原作は?


出典:[薬屋のひとりごと」特設サイト|ヒーロー文庫]
(https://herobunko.com/special/kusuriya/)

本作は「小説家になろう」へ投稿された小説が原作です。

本作は2011年に「小説家になろう」へ投稿されたのが始まりで、人気を得てRayBooks(主婦の友社)から小説版が出版されました。

その後、改めてヒーロー文庫(イマジカインフォス)から出版されて、現在に至っています。

「小説家になろう」の小説とヒーロー文庫から出版されている小説にも違いがあり、作者の日向夏先生は「X(旧Twitter)」で「WEBがノーマルエンドなら、文庫はグッドエンドにしています」と投稿しています。

小説版もまた2つの種類を楽しんで読めそうですね。

『薬屋のひとりごと』のあらすじ


出典:[Episodes|アニメ「薬屋のひとりごと」公式サイト]
( https://kusuriyanohitorigoto.jp/episodes/1.html)

薬師として花街で働いていた猫猫は人攫いにあい、後宮に下女として売られてしまいます。
そこで彼女は同僚の小蘭から帝の子が短命であることを聞き、好奇心を抑えられない彼女は原因を調べ始めました。

彼女は上級妃たちが使用する高級白粉へ毒が含まれていることに気づき、帝の子を出産していた上級妃へ警告します。

この警告を聞き入れた玉葉妃とその赤子は命を救われ、猫猫は玉葉妃の侍女に抜擢されました。

また、この事件で宦官の壬氏の目に留まった彼女は、以降も後宮で起こる事件を次々と解決していくことになり──。

2つの漫画にはそれぞれに異なる魅力がある!

スクウェア・エニックス版、小学館版と2種類の漫画が出版されている本作ですが、それぞれラブコメ要素が強かったり、ストーリーが分かりやすかったりなど異なる特徴があり、どちらも多くのファンから愛されています。

アニメから本作を知り漫画を読み始めようか検討している人は、今回ご紹介したそれぞれの特徴やどんな人におすすめなのかを参考にして、ぜひ読み始めてください。

  • 見たいアニメがアニクラで作れる!

    『アニクラ』はアニメ専門のクラウドファンディングサイト。「あのマンガのアニメが見たい…」「あのアニメの2期が見たい…」という夢を、クラウドファンディングで叶えてみませんか?

    アニクラは、愛する作品を多くの人に届けるお手伝いをします。
    アニクラについて詳しく知る


この記事を書いた人
林星来(@seira_hayashi)

プロフィール文:2023年より本格的にWEBライターとして活動中。幼い頃にたまたま見た深夜アニメをきっかけにアニメオタクの道へ。ジャンルを問わず放送中のアニメから過去作まで毎日アニメを見ています。人生で最も影響を受けた作品は『コードギアスシリーズ』。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。